トピックス : 2009年

2009年12月4日
片山典之弁護士のコメントが、平成21年12月4日配信のブルームバーグ(Bloomberg)ニュースの「東証に107億円賠償命令、みずほ証券の株式誤発注訴訟(Update 2)」という記事に掲載されました。
2009年10月29日
2009年10月29日から31日にかけてフランクフルト・アム・マイン市で行われたフランクフルト弁護士会主催のシンポジウム「世界の宗教の各国の法制に及ぼす影響 Der Einfluss der Weltreligionen auf die Rechtssysteme der Länder」において、田中幹夫弁護士が「日本における輸入法制と神道的・儒教的価値観に立脚した伝統的法文化との相克 Das japanische Rechtssystem im Spannungsfeld zwischen importierten Rechtsystemen und traditioneller, konfuzianischer und shintoistischer Rechtskultur」について講演を行い、講演後のインタビュー内容が現地ラジオで報道されました。
2009年9月10日
今秋、司法研修所における司法修習(62期)を修了した 永岡秀一、萩原佳孝の2名の弁護士が入所しました。
2009年8月10日
麻生裕介弁護士が、NBL 910号(2009年8月1日号)(商事法務)に「金融・資本市場における清算機関の意義と役割」を執筆しました。
2009年7月6日
日経ヴェリタス第69号(2009年7月5日~11日)の「顔」欄で、寺田昌弘弁護士が紹介されました。
2009年6月20日
寺田昌弘弁護士が共著者として執筆した「社長解任~株主パワーの衝撃~」が毎日新聞社から出版されました。
2009年6月5日
2009年新司法試験を受験された皆様を対象とした事務所説明会のご案内を掲載いたしました。
2009年5月11日
田中幹夫弁護士が「日経ビジネス」(日経BP社)5月11日号に「欧州流通法」と題する記事を、また日弁連「自由と正義」5月号「正義のかたち」シリーズのオーストリア編を、それぞれ執筆しました。
2009年4月20日
2009年サマー・クラーク募集の案内を掲載いたしました。
2009年4月1日
小泉淑子弁護士(パートナー 24期)、青井裕美子弁護士(53期)、光本洋弁護士(56期)が入所しました。
2009年3月15日
「金融・商事判例 増刊1311号」(経済法令研究会発行)の特集「文書提出等をめぐる判例の分析と展開」において、岡内真哉弁護士、麻生裕介弁護士がそれぞれ執筆しました。
2009年3月10日
片山典之弁護士が2009年4月から、東洋大学法科大学院の客員教授として 「企業法務」及び「国際取引法」の講義を担当することになりました。
2009年3月9日
ケルン大学法学部教授のマーティン・ヘンスラー博士 (欧州弁護士法・公証人法研究所所長、労働法・経済法研究所所長兼務) と中央大学法科大学院の森勇教授が当事務所の見学に訪れました。
2009年3月6日
金融証券リサーチ主催のセミナーにて、栗林康幸弁護士が 「保険業法の改正と保険会社に求められる対応」と題する講演を行いました。
2009年2月23日
ロシア連邦法務省・検事総局・大統領府他の職員に対して外務省で行われた 訪日研修において、田中幹夫弁護士が「法曹養成制度の日独比較」というテーマで講師を務めました。
2009年2月20日
棚橋祐治弁護士がオブ・カウンセルとして入所しました。
同弁護士は、内閣総理大臣秘書官、通商産業(現経済産業)事務次官等を歴任し、現在では資源、知的財産等の分野で幅広く活躍しております。
2009年1月31日
明治大学ビジネススクールグローバル・ビジネス研究科特別セミナー「CRE(Corporate Real Estate)マネジメントの展望」のパネルディスカションにて、 片山典之弁護士がパネリストをつとめました。
2009年1月20日
生命保険協会主催の会員向け研修会にて、平田晴幸弁護士が、個人情報保護法に関する講演を行いました。
2009年1月1日
鷹見雅和弁護士(54期)が入所しました。 今春、司法研修所における司法修習(新61期)を修了した青木竜太、今田瞳、上野潤一、植村淳子、小林豪、斉藤尚美、坂井大高、佐野俊介、白沢勇樹、船橋玲、松浦克樹の11名の弁護士が入所しました。
2009年1月1日
池原元宏弁護士、坂本正充弁護士、丸山裕一弁護士、鈴木良和弁護士がパートナーに就任しました。

ページの先頭へ

ホーム > トピックス : 2009年