ベンチャーキャピタル・プライベートエクイティ

ベンチャーキャピタル

シティユーワ法律事務所では、ベンチャー企業が置かれている株式公開(IPO)へのステップの中で、その各時点において求められるサービスを提供しています。
まず、ベンチャー企業の立ち上げにおいては、設立業務から、資金調達、会社の機関構成、社内規程の整備、インセンティブプランの提供、取引関係における各種契約書の作成に至るまで、さまざまな分野において、適切なサポートを行っています。
ベンチャーキャピタルに対しては、ファンドの組成、ベンチャー企業への投資にあたっての投資スキームの検討、投資契約書の作成、投資にあたっての法的デュー・ディリジェンスの実施その他のサポートを多数行ってまいりました。国内有数のベンチャーキャピタルと共に数多くの投資案件を手がけて来た結果、シティユーワ法律事務所は、多様な業種に対する投資経験を有しており、業種特有の問題点の解決を含め、適切なアドバイスを提供することが可能です。
株式公開(IPO)にあたっては、キャピタルマーケッツを専門とする弁護士との協同により、適切か公開スキームを検討し、スムーズな株式公開に向けてサポートしてまいります。
また、株式公開(IPO)における支援だけでなく、ベンチャー企業の第三者への売却のサポートも含めそのエグジット場面においても、M&Aを専門とする弁護士との協同によって、適切に対応することが可能です。

プライベートエクイティ

プライベートエクイティの分野において、シティユーワ法律事務所は、数多くの投資ファンドからの依頼を受けて、多数の実績を有しています。
プライベートエクイティファンドのファンド組成においては、金融・証券・保険の分野を専門とする弁護士と協同して、ビークルの選定から、組合契約の作成、各種開示書類の作成、レンダーとの調整まで、適切なファンド組成をサポートしてまいりました。
プライベートエクイティファンドの投資案件につきましては、M&Aの分野と重複する場面も少なくありませんが、投資ファンド特有のニーズに応えるため、プライベートエクイティ投資において多数の実績と経験を有する弁護士が、投資対象に対する法的デュー・ディリジェンス、投資契約のドキュメンテーションにおいて、独自のノウハウをもってサポートしています。
また、エグジットの場面においても、株式公開、株式の売却その他のスキームについて、依頼者の要望に応じて、キャピタルマーケッツ、M&Aを専門とする弁護士と協同して、それぞれアドバイスしてまいります。

ページの先頭へ

ホーム > 業務分野 > 企業法務 > ベンチャーキャピタル・プライベートエクイティ