コーポレートガバナンス・株主総会

近年、上場企業のコーポレートガバナンスに対する投資家の要求は厳しいものとなっており、度重なる法令および上場規則の改正から、上場会社が対応しなければならない規制は、きわめて複雑なものになっています。これらの上場企業の直面するコーポレートガバナンスにおけるさまざまなニーズに対応すべく、シティユーワ法律事務所は、これまでの経験に加え、関係各省庁とのネットワークを生かしつつ、最新の会社法、金融商品取引法、証券取引所規則等を踏まえた、的確かつ専門的なアドバイスを常に提供してまいります。

特に、会社の最高機関である株主総会の運営においては、従来の対決型から開かれた総会運営への潮流を受けて、現在では、一種のIRの場としての対応も求められているところですが、他方で、物言う株主の増加から、企業として株主総会のために準備すべき内容も、時代と共に変化しているのが現実です。これに対応すべく、シティユーワ法律事務所は、これまでの多種多様な上場企業の株主総会における経験と実績から、通常の株主総会運営から特殊株主対策や委任状勧誘への対応まで、あらゆる事態にも対応できるノウハウを活用し、上場企業のご要望に総合的に対応してまいります。

さらに、上場企業におけるコーポレートガバナンスの構築に関しては、機関設計に関するアドバイス、各種社内規程の整備、開示事項への対応などにも、専門的に対応することができる体制が整っています。
その他、上場企業の役員の面するさまざまな法的な問題に対し、日常的な法律問題へのアドバイス、意見書の作成から、役員報酬の設計に至るまで、各企業の歴史、文化を踏まえつつ、そのニーズに応えてまいります。
もちろん、上場企業に限らず、上場を目指すさまざまな規模の企業や海外企業の日本における子会社等、さまざまなタイプの企業に対しても、シティユーワ法律事務所は、コーポレートガバナンスの構築に関し、そのニーズに応じたアドバイスを提供しています。

ページの先頭へ

ホーム > 業務分野 > 企業法務 > コーポレートガバナンス・株主総会