一般企業法務

企業が直面するさまざまな法律問題一般について、日常的な法的アドバイスを行うのが、一般企業法務の分野です。
一般企業法務の分野においては、常に、多様な分野における法律知識と経験が必要ですが、シティユーワ法律事務所に所属する弁護士は、それぞれの専門分野にとどまらず、複数の分野の経験を有しており、その総合体としてのシティユーワ法律事務所は、国内企業・海外企業、上場企業・非上場企業、大企業・中小企業を問わず、依頼者の要望に応じて、的確なアドバイスを提供しています。

一般商取引の分野も、一般企業法務における重要な分野ですが、シティユーワ法律事務所では、企業が事業を運営していくにあたって必要なさまざまな取引における契約、例えば、売買基本契約、販売代理店契約、ライセンス契約、フランチャイズ契約、共同開発契約、貿易に関する契約、合弁契約、業務委託契約等の作成、交渉その他のアドバイスを、国内案件、渉外案件を問わず行っています。渉外案件に関しては、シティユーワ法律事務所と提携するWorld Law Groupのネットワークも活用しながら、依頼者の要望に応えてまいります。(その詳細については、国際取引も合わせてご参照ください。)

また、海外企業の日本法人やベンチャー企業等の依頼者に対しては、会社の設立、株式の発行から、株主総会、取締役会等の機関の運営に関する事項、資金調達、組織再編から会社の解散まで、会社において発生するあらゆるニーズに応じて、サービスを提供しています。さらに、シティユーワ法律事務所には、商業登記に特化した司法書士も所属しており、弁護士と協力して、依頼者のさまざまな商業登記にも対応することで、総合的なサービスの提供を行うことができる体制が整っています。

シティユーワ法律事務所では、これらの会社法に関するあらゆるアドバイスを行っていますが、国内上場企業に対する会社法に関するアドバイスについては、コーポレートガバナンス・株主総会をご参照ください。

また、一般企業法務に関するアドバイスの中には、M&A独占禁止法労働法行政規制法税務知的財産・ITコンプライアンスその他の分野に関するものも多数含まれていますが、これらに関しては、各項目をそれぞれご参照ください。

ページの先頭へ

ホーム > 業務分野 > 企業法務 > 一般企業法務