法律用語集

公簿売買、実測売買

読み方
:こうぼばいばい、じっそくばいばい
分野
不動産

公簿売買とは、不動産の売買において、登記簿上の面積(公簿面積)を基礎として売買代金の額を決定する場合をいいます。これに対し、実測売買とは、不動産の売買において、実際に測量等によって計測した面積(実測面積)を基礎として売買代金の額を決定する場合をいいます。
公簿売買の場合、売買契約に登記簿上の面積と実測面積とが異なる場合でも売買代金の増減、精算は行わない旨の条項を盛り込むことが一般的です。これに対し、実測売買の場合には、売買契約締結後、売買(残)代金の支払い(決済)までの間に測量を実施して、実測面積が売買契約書記載の面積と異なる場合には売買代金の増減、精算をする旨の条項を設けることが一般的です。

法律用語集一覧へ戻る

ページの先頭へ

ホーム > 法律用語集/判例紹介 > 法律用語集 > 公簿売買、実測売買