麻生 裕介 Yusuke Asou

  • パートナー
  • 第二東京弁護士会 2004年登録
  • 外国語: 英語
  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等
  • その他の活動

経歴

  • 学習院大学法学部卒業
2004年
司法修習修了(57期)
2004年~
シティユーワ法律事務所
2007年~2009年
金融庁総務企画局市場課専門官(証券決済担当)
2008年~2009年
同局企画課決済システム強化推進室専門官(併任)

論文/著作等

  • 「不動産信託受益権の取引と個人情報保護法の改正対応」(共著、月刊不動産フォーラム21 2017年6月号所収、不動産流通推進センター、2017年)
  • 「不動産信託受益権の当初委託者からの譲渡」(共著、月刊不動産フォーラム21 2017年1月号所収、不動産流通推進センター、2017年)
  • 「不動産信託受益権の売買と賃貸借契約及び敷金の処理」(共著、月刊不動産フォーラム21 2016年8月号所収、不動産流通推進センター、2016年)
  • 「不動産信託受益権譲渡時の実務対応(現物不動産との違い)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2015年10月号所収、不動産流通推進センター、2015年)
  • 「不動産信託受益権購入時の特定投資家への移行」(共著、月刊不動産フォーラム21 2015年5月号所収、不動産流通推進センター、2015年)
  • 「現物不動産取引と受益権取引に対する法令上の規制の違い」(共著、月刊不動産フォーラム21 2014年12月号所収、不動産流通近代化センター、2014年)
  • 「信託銀行と信託会社」(共著、月刊不動産フォーラム21 2014年7月号所収、不動産流通近代化センター、2014年)
  • 「金融機関に対するいわゆる反面調査の範囲」(銀行法務21 769号所収、経済法令研究会、2014年)
  • 「不動産信託と登記の調査」(共著、月刊不動産フォーラム21 2014年2月号所収、不動産流通近代化センター、2014年)
  • 「相続における信託の活用」(共著、月刊不動産フォーラム21 2013年9月号所収、不動産流通近代化センター、2013年)
  • 「信託不動産・信託受益権の差押え」(共著、月刊不動産フォーラム21 2013年4月号所収、不動産流通近代化センター、2013年)
  • 「信託受託者の倒産と受益者の保護」(共著、月刊不動産フォーラム21 2012年11月号所収、不動産流通近代化センター、2012年)
  • 「信託受託者による信託不動産の処分」(共著、月刊不動産フォーラム21 2012年6月号所収、不動産流通近代化センター、2012年)
  • 「不動産信託における指図権」(共著、月刊不動産フォーラム21 2012年1月号所収、不動産流通近代化センター、2012年)
  • 「不動産信託受益権の調査」(共著、月刊不動産フォーラム21 2011年8月号所収、不動産流通近代化センター、2011年)
  • 「不動産信託受益権と受益者の義務」(共著、月刊不動産フォーラム21 2011年3月号所収、不動産流通近代化センター、2011年)
  • 『改訂 信用金庫法の実務相談』(共著、経済法令研究会、2010年)
  • 「不動産信託受益権の取引と説明義務(金融商品販売法)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2010年10月号所収、不動産流通近代化センター、2010年)
  • 「不動産関連業務における秘密保持契約」(共著、月刊不動産フォーラム21 2010年9月号所収、不動産流通近代化センター、2010年)
  • 「不動産信託受益権の取引と説明義務(宅建業法)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2009年12月号所収、不動産流通近代化センター、2009年)
  • 「金融・資本市場における清算機関の意義と役割」(NBL910号所収、商事法務研究会、2009年)
  • 「振込依頼人と受取人との間に原因関係が存在しない場合における受取人による預金払戻請求権の行使が権利濫用に当たらないとされた事例(最二判平成20・10・10)」(金融・商事判例1320号所収、経済法令研究会、2009年)
  • 『文書提出等をめぐる判例の分析と展開』(共著、金融・商事判例増刊1311号所収、経済法令研究会、2009年)
  • 「不動産信託受益権の担保提供」(共著、月刊不動産フォーラム21 2009年7月号所収、不動産流通近代化センター、2009年)
  • 「不動産信託受益権の処分」(共著、月刊不動産フォーラム21 2009年2月号所収、不動産流通近代化センター、2009年)
  • 「譲渡担保法判例の分析と展開」(共著、金融・商事判例増刊1286号所収、経済法令研究会、2008年)
  • 『信用金庫法の実務相談』(共著、経済法令研究会、2008年)
  • 「株券電子化の円滑な実施に向けた取組み」(商事法務1845号所収、商事法務研究会、2008年)
  • 「株券電子化関係政省令の解説〔下〕」(共著、商事法務1832号所収、商事法務研究会、2008年)
  • 「不動産信託受益権の売買契約書」(共著、月刊不動産フォーラム21 2008年9月号所収、不動産流通近代化センター、2008年)
  • 「不動産信託受益権の売買(仲介業者の書面交付義務)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2008年4月号所収、不動産流通近代化センター、2008年)
  • 「金融商品取引法施行下の不動産証券化・流動化案件におけるTMKスキームの優位性」(銀行法務21 683号所収、経済法令研究会、2008年)
  • 「電子記録債権法と銀行実務Q&A」(銀行法務21 678号所収、経済法令研究会、2007年)
  • 『新しい電子記録債権法のしくみ』(経済法令研究会、2007年)
  • 「不動産信託受益権の売買(媒介実務と金融商品取引法対応)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2007年11月号所収、不動産流通近代化センター、2007年)
  • 「不動産信託受益権の売買(入門編)」(共著、月刊不動産フォーラム21 2007年6月号所収、不動産流通近代化センター、2007年)
  • 「誤振込みにおいて振込依頼人から金融機関への不当利得返還請求が認容された事例-東京地判平成17・9・26-」(金融・商事判例1228号所収、経済法令研究会、2005年)
  • 「いわゆる偽造・盗難カード預金者保護法の概観と今後の展望」(金融・商事判例1224号所収、経済法令研究会、2005年)
  • 「いわゆる振り込め詐欺の事案において被害者による犯人らの金融機関に対する預金払戻請求権の代位行使を認めた事例について-東京地判平成17・3・30-」(金融・商事判例1219号所収、経済法令研究会、2005年)
  • 「ここが変わった!新会社法」(共著、月刊不動産フォーラム21 2005年11月号所収、不動産流通近代化センター、2005年)

その他の活動

セミナー講師「電子記録債権の基礎と実務~押さえておきたい10のポイント~」(経営調査研究会、2014年2月)、研修講師「不動産信託受益権取引の流れと実務」(一般社団法人第二種金融商品取引業協会、2016年5月)、研修講師「モデル帳票リリース研修(不動産編)~プロアマ、顧客カード、法定帳簿~」(一般社団法人第二種金融商品取引業協会、2016年12月)

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 麻生 裕介