小木曽 良忠 Yoshitada Ogiso

  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等
  • その他の活動

取扱分野

証券化(オートローン、リース債権、売掛債権、消費者ローンや不動産の証券化を含む。)、プロジェクト・ファイナンス、輸出ファイナンス、M&Aファイナンス、株式上場、エクイティ・ファイナンス等のファイナンス全般について経験豊富。また、ファイナンス以外の領域を幅広く取り扱っており、会社法務、M&Aやストックオプションにも精通している。国内案件のみならず、クロスボーダーのファイナンス、会社法務およびM&Aを多数経験している。また、イスラム金融にも詳しい。

一般企業法務 バンキングその他金融取引一般 キャピタルマーケッツ・社債発行 仕組みファイナンス・買収ファイナンス・資産流動化 クロスボーダー契約 海外進出・国内投資支援 アジア法務

経歴

  • 早稲田大学政治経済学部卒業
  • ニューヨーク大学スクール・オブ・ロー LL.M.
1985年~1988年
判事補
1994年
米国ニューヨーク州弁護士登録
三井安田法律事務所等を経て
2006年~
シティユーワ法律事務所

論文/著作等

  • 「イスラム債の仕組みと税務上の取扱い」(税務弘報 Vol.60所収、中央経済社、2012年)
  • 「Islamic Financing in Japan – Creation of Japanese Version of Sukuk(日本におけるイスラーム金融 - 日本版イスラーム債 (Sukuk) の創設)」(共著、@azmilaw Newsletter 2011年9月-10月号所収、Azmi & Associates、2011年) (PDF)
  • 「新・信託法で可能となる 担保信託と事業信託の想定スキーム」(ビジネス法務2007年4月号所収、中央経済社、2007年)
  • 「信託法案 抜本改正で多様化した活用手段」(ビジネス法務2006年7月号所収、中央経済社、2006年)
  • 「信託法改正で進む 自由化と受益者保護」(ビジネス法務2005年12月号所収、中央経済社、2005年)
  • 「新・会社法 実務対応と法務戦略 体系的に再整理された株式制度」(共著、ビジネス法務2005年6月号所収、中央経済社、2005年)
  • 「エクイティ・コミットメントラインの仕組みと実務 」(経理情報2005年1101号所収、中央経済社、2005年)
  • 『Q&Aでわかる 企業ガバナンス改革の実務』(共著、日本経済新聞社、2003年)
  • 『早わかり 商法改正・実務のすべて』(共著、日本経済新聞社、2002年)
  • 「Business Opportunities and the Government Procurement Agreement」(共著、Handbook for Companies、1997年)

その他の活動

筑波大学大学院ビジネス科学研究科臨時講師(イスラム金融担当)(2011年1月)

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 小木曽 良忠