坂野 吉弘 Yoshihiro Sakano

  • アソシエイト
  • 第二東京弁護士会 2004年登録
  • 外国語: 英語
  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等
  • その他の活動

取扱分野

国内・国際カルテル案件、結合後に高シェアとなる企業結合案件等の独占禁止法案件、下請法案件、景品表示法案件に豊富な経験を有する。また、労働法案件を始めとする企業法務を多数手掛けている。

一般企業法務 M&A 一般民事事件 商事訴訟・会社関連紛争解決 ライセンス・技術導入契約 人事・労務相談一般 労働組合対応 労務関連紛争解決 クロスボーダー契約 コンプライアンス・内部統制 危機管理・経済犯罪 独占禁止法

経歴

  • 早稲田大学法学部卒業
  • ロンドン大学 LL.M. in Competition Law
1997年~2003年
株式会社東芝(法務部)
2004年
司法修習修了(57期)
2004年~2015年
西村あさひ法律事務所
2013年
Noerr LLP(ミュンヒェンオフィス)
2015年~
シティユーワ法律事務所

論文/著作等

  • 「独占禁止法対応の目利き力-第6回・コンサル業務で注意が必要となる独禁法・下請法・景表法」(週刊金融財政事情3208号所収、金融財政事情研究会、2017年)
  • 「独占禁止法対応の目利き力-第5回・認定された場合のリスクが大きい『優越的地位の濫用』」(共著、週刊金融財政事情3207号所収、金融財政事情研究会、2017年)
  • 「独占禁止法対応の目利き力-第2回・『不当な取引制限』とは何か」(週刊金融財政事情3204号所収、金融財政事情研究会、2017年)
  • 「排除型私的独占と損害賠償請求訴訟-ニプロ事件(トラブルを解決する独禁法の道標2 第11回)」(ビジネスロー・ジャーナルNo.103所収、レクシスネクシス・ジャパン、2016年)
  • 「英国競争政策の動向」(公正取引No.782所収、公正取引協会、2015年)
  • 「不当廉売における価格・費用基準(ビジネスを促進する独禁法の道標 第16回)」(ビジネスロー・ジャーナルNo.86所収、レクシスネクシス・ジャパン、2015年)

その他の活動

日本経済法学会会員、競争法フォーラム理事、経営法曹会議会員、国際競争ネットワーク(ICN)日本公取委推薦非政府アドバイザー

【セミナー】
■ カルテルワークショップ(於スペイン(マドリード))「Private enforcement – developments and challenges」パネリスト(国際競争ネットワーク(ICN)、2016年10月4日)
■ カルテルワークショップ(於スペイン(マドリード))「Making a leniency application: triggering factors and strategy」パネリスト(国際競争ネットワーク(ICN)、2016年10月3日)
■ 公正取引協会「英国競争政策の動向とBREXIT」講師(2016年9月21日)
■ 第26回CY法務セミナー「独禁法違反事件調査等の実態~指針公表後の公取委審査の実態と独禁法・競争法調査の留意点~」講師(2016年7月15日及び27日)
■ 第20回CY法務セミナー「電力等の小売全面自由化における実務対応~適正取引ガイドライン改正・小売営業ガイドライン制定を踏まえて~」講師(2016年2月1日)
■ 公正取引協会「改正イギリス競争法」講師(2015年9月15日)

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 坂野 吉弘