大場 正成 Masashige Ohba

  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等
  • その他の活動

取扱分野

当初一般訴訟事件や外国会社との契約、特にライセンス、合弁、ディストリビュータなどの契約相談、契約書作成などが多かったが、次第に知的財産、特に特許侵害訴訟が主となり、現在では受任事件のほとんどが特許事件である。依頼者は国内企業のほか外国企業も多い。

特許訴訟・仲裁 不正競争防止法・意匠/商標法・著作権法 ライセンス・技術導入契約 米国特許訴訟のアドバイス 企業の特許戦略のアドバイス クロスボーダー契約

経歴

  • 中央大学法学部卒業
1957年
司法修習修了(9期)
1957年~1997年
湯浅・坂本法律事務所(現ユアサハラ法律特許事務所)
1997年~2005年
大場・尾崎法律事務所
2001年
大場・尾崎・嶋末法律事務所に改称
2005年~
シティユーワ法律事務所

論文/著作等

  • 「特許の無効と侵害に関する論文」(『知的財産の潮流』所収、知的財産研究所、1995年)
  • 「特許侵害、不正競争防止法に関する論文」「特許侵害における均等論に関する論文集」(『知的所有権の保護』所収・編集代表、発明協会、1987年)
  • 『アメリカ特許係争の実務』(共著、発明協会、1985年)
  • 「特許侵害における均等論に関する論文」(『無体財産権法と商事法の諸問題』所収、有斐閣、1981年)
  • 『工業所有権の基本課題』(有斐閣、1971年)
  • その他主として知的財産関係の判例評釈、解説など寄稿多数

その他の活動

AIPPI日本部会執行委員(1978年)、同会常任理事(1985年)、日本弁護士連合会無体財産権制度委員会委員長(1985年)、日本ライセンス協会会長(1991年~1993年)、社団法人日本国際工業所有権協会常任理事(1991年)

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 大場 正成