坂本 正充 Masamichi Sakamoto

  • 取扱分野
  • 経歴
  • 論文/著作等
  • その他の活動

取扱分野

金融取引、不動産取引、海外進出支援及び一般企業法務を主な取り扱い分野とし、特に、クロスボーダー案件を得意としています。また、不動産投資、不動産ファイナンス、航空機、船舶、コンテナ等のオペレーティングリース、再生可能エネルギー案件、新興国進出支援業務に力を入れて取り組んでいます。

一般企業法務 コーポレートガバナンス・株主総会 再生可能エネルギー バンキングその他金融取引一般 キャピタルマーケッツ・社債発行 仕組みファイナンス・買収ファイナンス・資産流動化 アセットマネジメント・ファンド・投資信託・J-REIT・私募REIT リース取引 デリバティブ 金融取引紛争解決・ADR M&A 不動産ファンド・REIT 不動産ファイナンス 不動産取引全般 不動産関連紛争解決 クロスボーダー契約 海外進出・国内投資支援 クロスボーダー紛争解決

経歴

  • 慶應義塾大学法学部卒業
  • ノースウェスタン大学 LL.M.
2000年
司法修習修了(52期)
2000年~2005年
外立総合法律事務所
2005年~
シティユーワ法律事務所
2005年~2006年
パーブラウン法律事務所(在米国ユタ州ソルトレイクシティ市)
2006年
米国ニューヨーク州弁護士登録

その他の活動

セミナー講師 「国内法務担当者のための国際取引・紛争対応の基礎と実務」(商事法務主催 2013年/2014年)、セミナー講師 「初任者のための国際取引対応」(商事法務主催 2016年)、「Understanding the ISDA Master Agreements Conference/The 2002 ISDA Master AgreementのSession」(ISDA(International Swaps and Derivatives Association, Inc.)主催のConferenceにてスピーカー(2016年6月))

戻る

ページの先頭へ

ホーム > 弁護士等紹介 > 坂本 正充